【ウェブカツ#5】モチベーションを気合に頼らない為に

WEBサービス編の直前まで消化。
ここから先は、本講座受講開始から
一か月後以降にしか解放されない為、

・鬼連完全消化
・本編内容2週目完遂
・ポートフォリオ完成
・サイト模写
・Progateとドットインストール該当箇所一周
・WEBサービス作りの事前準備

これらを済ませて、WEBサービス部解放後に
一気に爆速で進められるよう、気を緩めずに行きます。

ウェブカツは教材が全部オンラインで
基本的に全て自習の為、自習を進める上で
大事だと思った点を、今日はまとめていきます。

モチベーションは気合に頼らない

気合と根性を頼りにしたモチベーションは続きません。

僕は元々意志が弱いので、
その前提であらかじめ対策を講じています。

テンションが上がる動画を見る

まず、自発的に上げるモチベーションには
どうしても限界がある為、見ると自然と燃えてくる
自己啓発やドキュメンタリー番組を見ています。

最近だとすごくおもしろかったのは

・Amazonプライムの本田圭佑のインタビュー対談集
・情熱大陸のアーカイブ映像
・東大受験 ドラゴン堀江(AbemaTV)

特に、東大受験の番組は、畑違いではありますが
目標に向かって日々努力を続けている生徒の方々の
一生懸命な姿を見ていると、自分も彼らに負けないよう
しっかり勉強しようという気持ちが沸いてきます。

高専在学中、3年で中退してセンター試験を受け、
青学に合格した同級生がいましたが、彼もやはり、
一年間、一日に11時間近く勉強していたと話していました。

社会人になっても当然、同じかそれ以上の熱量で
仕事や勉強に取り組んでいる人が世の中には沢山います。

実際に勉強をしていて思うのは、
今現在リアルタイムで勉強をしていなくても、

・たまたま学ぶ対象に出会っていない
・子育てや家族にエネルギーを一番注いでいる
・労働や勉強に対する対価が見合っていないだけで、
 誰も見ていないところで凄まじい量の努力をしている

そういう人も、世の中にはたくさんいるということ。

私の両親も、決して何かの業界や、地元で偉い立場だったり、
何か大きなことを成していたわけではありませんが、
自分達兄弟二人の子育てには、本当に力を注いでくれました。

もし、結婚していなかったり、子育てをしていなかったら、
もっと仕事や趣味を思いっきり楽しんでいたと思います。

だから、自分が勉強をしていることや、能力が伸びることは、
何らかの理由で勉強をする機会に恵まれなかった、
もしくはまだ恵まれていない人達の分まで背負って、
自分がたまたまやらせて頂いているというだけなんです。

決して、自分が凄いというわけではない。

僕の周りにも、今の自分と同じように、プログラミングに
全ての時間を突っ込んだとしたら、自分より遥かに凄い
技術者になれる資質の人は、沢山いると思います。

ですが、皆それぞれ、目指すものも価値観も違いますし、
勉強以上に優先するもの、背負うものが沢山あります。

だからこそ、こうして学ぶ対象に出会えたことに
感謝をして、他の人の分まで頑張っていきます。

オンタイムは、SNSをアクセス禁止にする

Twitter、Youtubeなどは、見ないよう気を付けようと思えば
そこまで見ていないと自分では思うかもしれませんが、
朝昼晩とちょこちょこ見ていると、一日で合計した時に
凄まじい量の閲覧時間になっているものです。

GoogleのChromeというブラウザでは、
UnDistractedという、それらのSNSを
強制的にアクセス禁止にする機能があります。

色々と目移りしてしまう人は、これを導入して、
せめて日中の時間やコアな勉強タイムだけでも
SNSにアクセスできないようにしましょう。

同じステージの人をフォローする

プログラミングの勉強をしている初期段階では、
同じような状況の人の活動報告はとても励みになります。
ウェブカツは特に、直接講師や他のメンバーと
対面で会う機会が無い為、尚更そう感じるのでは。

実際に何をやっているのかも分かるし、
この人には負けない、先輩全員ブチ抜く勢いでやる、等
各々の目標設定にも一役買ってくれると思います。

たまには場所を変えて勉強する

個人差はあるかもしれませんが、
自宅でずっと延々と勉強していると、
たまに発狂するくらい頭が滅入ってきます。

動画を大量に消化する際は自宅の方がいいかもしれませんが、
コードをたくさん書く、自前のサイトを作るなどの場合は
街に繰り出して、普段と違う空気の中で作業をしましょう。

良いリフレッシュや気分転換にもなりますし、
多少の雑音や騒音があった方が、かえって集中できるかも。
僕はどちらかというと、そういうカフェ派の人間です。

お勧めは、混みすぎていない喫茶店やファミレスですね。
フレッシュネスバーガーや郊外のデニーズなどがお勧めです。

基本的な生活習慣を守る

・一日三食、飯をしっかり食べる
・できるだけ毎日、有酸素運動をして体を動かす
・しっかり寝て、睡眠時間を確保する

当たり前のことかもしれませんが、
やるのとやらないのとでは、身体の状態が全然違います。

飯を抜いたり、走らなかったりすると、
万全の状態で勉強をすることができません。

特に飯はしっかりと食いましょう。
不健康になるくらいなら、短期的に多少太ってでも
栄養を一通りしっかり確保するべきです。

そもそも、運動も適切にやって
間食をしなければ、人間は太らないようにできています。

WEBサービス部突入前にやること

・コンテンツ2週目
・プロゲート・ドットインストール1週叩く
・ポートフォリオ作成
・解放前コンテンツの該当語句を検索で叩いて予習

全部やってると、2週間はあっと言う間に来ると思います。
明日は淡々とコンテンツを消化し、ポートフォリオなど
自前で作るサイトは、毎日少しずつ触っていく形にしたいと思います。

追伸:
書籍やネットの入門サイトで教わる知識が1から100だとすると、
実際に何か作るのに必要なのは1から20と30から35と65から100など、
その一部の機能です。

遅延学習(必要になった時点で勉強をする考え方)
という言葉があるように、実際に物を作り、その後付けで
必要な技術を洗い出すと、現場でよく使われる項目、
学んだけどあまり現場では使われない項目に分かれてきます。

ウェブカツはその要点を重点的に叩き込んで最短ルートを案内し、
足りないものは随時自習する講座です。

ドラクエ6風に例えると、全ての職業をマスターしなくても
デスタムーア(魔王)は倒せるから、最低限の上級職を極めたら
さっさと倒しに行け、そういう理屈なのだと思います。