ウーバーイーツのリュックの代用品で圧倒的にお勧めのアイテムを紹介

ウーバーイーツのリュックの代用品を探している場合、私が一番お勧めするのは、Cherrboll社が販売しているデリバリーバッグです。

二年近く副業で5000回近く配達をしてきましたが、正直、何故もっと早くこれを試そうとしなかったのか、めちゃくちゃ後悔しています。それくらい、配達のクオリティや疲労度を大きく変えてくれるアイテムです。

今回は、そんなCherrboll代用バッグの詳細を解説していきます。

目次

Cherrboll代用バッグのメリット

価格が安い

値段は4559円(2020年12月26日現在、Amazon価格)
純正バックが現在5000円なのに対して、 若干安いです。

純正バッグと比較すると容積は一回り以上小さいですが、使い始めてから100回以上問題なく配達できており、サイズが原因で配達を拒否せざるを得ない状況には、まだ遭遇していません。 (イタリアン、ピザ専門店、ケーキ屋、寿司屋の注文は内容を精査してキャンセルするか、注文が来た時点で拒否しています)

純正バッグの3分の1の重量

これがめちゃくちゃ大きい。

自転車のキャリアに載せれば関係無いと思うかもしれませんが、ピック後の配達中、客先の部屋への往復、注文の数珠が鳴った場合の長時間の連続稼働中は、当然バッグを背負いっぱなしになるので、1日の半分近い時間中に背負う荷物が1.5kg減ることのインパクトは、凄まじいものがあります。

想像してみてください。

マンションの入口から客の部屋まで一日10往復や20往復、コンビニで買ったアクエリアスのペットボトル飲料1.5リットルをわざわざ背負った状態で移動したいと思いますか?何も背負っていない状態で行くのと、どちらが良いですか?
あなたは、1日50km以上の距離を、同じようにペットボトルを背負った状態で自転車漕ぎたいですか?

恐らく、大半の人がNOと言うはずです。

実際に背負って稼働してみないとなかなか伝わらないのが残念ですが、これは本当に是非一度体験をしてみてもらいたい。

自転車で仕事をする人間にとって、軽い荷物、軽い靴など、荷物を軽量化することは、間違いなく比例して仕事の効率に直結します。

徒歩の移動時に走って移動できる

このバッグは背負ったまま、余裕を持って、走って移動できます。

もちろん、料理を入れていない間に限りますが 、例えば都内お稼働だと広尾のガーデンフォレスト、六本木ヒルズ構内など、自転車を降りてから5分以上歩いて移動せざるを得ない場所は結構あるものです。

また、電車移動をしている場合、家から最寄駅までの距離、駅から赤チャリや自前バイクの駐輪場までの移動時間も、それ自体は全く金を産まないので無駄な時間です。

ハイジ

純正の2.7kgのバッグを背負い、上下にガンガン揺らしながら走るのは大変ですし、周りから見ていても痛々しい姿です。

ですが、このバッグの場合、背負って余裕を持った状態で走れるので、一日あたりの全体の稼働時間で考えると、かなりの時間を短縮することができます。

荷物のピック時に邪魔にならない

特に入口や通路が狭い店では、バッグが邪魔になるため、無理に通そうとすると不快な思いを与えたり、ぶつけてしまったりして、店やお客様に迷惑がかかります。

また、貴重品を入れる場所がジャケットやポーチに無い場合、バッグに入れる方も多いかもしれませんが、その場合、バッグを外に放置したり自転車のキャリアに置きっ放しにした場合、その間ずっと盗難のリスクを抱えることになります。

ですが、このバッグは通常のリュックを一回り大きくした程度であり、店に持ち込んだりエレベーターに相乗りした時の異物感、迷惑度が大きく下がるので、店内への持ち込みが非常にし易いです。

また、荷物を詰め込む際も、キャリアに固定していない場合は、輸送中にコケて床にぶちまける可能性がゼロではない為、持ち込んでその場ですぐにバッグに入れた方がリスクを限りなくゼロにできて安全です。(私は一度大戸屋のピック時に大事故をやらかしてしまっている為、この辺かなり神経質な方です)

配達員オーラを軽減できる

これも個人的にはかなり大きいです。

というのも、私は郊外に住んでおり、日中に電車移動をする為、UBERの純正バッグを持って電車に乗るのはかなり恥ずかしいのです。

職業に貴賎はないとは言われますが、先日、物販ビジネスの事業主界隈の人と電話で話していた時に、一般的にUBERはバイトすらできないどうしようもない奴がやるものだとはっきり言われました。

私の経験上でも、自分がウーバー配達員だということを露骨に自ら示してしまうのは、自尊心やセルフイメージを自分で下げてしまうものだと感じています。

特に、ウーバー配達員や底辺生活から脱出してやる、俺はこんなところで燻って終わりたくないという気持ちがまだ残っている場合は、その初心を忘れず、メンタルをやられない為にも、可能な限り、外見からUBER配達員臭を消すよう努めることをお勧めします。

電車以外の単なる移動中、休憩中に入る喫茶店や公園、コンビニ、飲食店などでも、UBERの配達員とバレにくそうな雰囲気であればあるほど、自尊心やセルフイメージが腐るペースを下げることができます。

ただ、黒いバッグを背負っていれば当然今の世間の風潮としてデリバリーの配達員だと思われるのは避けようがないので、どうしてもそれが嫌だ、街中での知人への身バレは絶対に回避したいと思う場合は、こちらの保冷リュックを使うことをお勧めします。

容量は更に小さいのでより配達リスクは上がりますが、その代わり、外見から配達員とバレる可能性は大幅に軽減することができます。

Cherrboll代用バッグのデメリット

超大型の荷物が入らない

Cherrboll代用バッグは、縦横の長さが両方とも大きい皿状の料理をバッグに入れることができません。

例えば、先程挙げた ・イタリアン ・ピザ専門店 ・寿司屋 ・ケーキを扱う洋菓子店 これらの店の該当注文を適切に避けて無理なら早々にキャンセル、もしくは注文の配車依頼通知がスマホアプリに来て鳴った時点で早々にキャンセルすることは念頭に置く必要があります。

でないと、店に行き、やっと料理が出来て目の前に現れて初めて配達出来ないと分かる、という状態になるので、店と客にかなりの迷惑がかかります。

同様の理由で、マックや吉野家の注文も、取りに行く前に念の為、4人前や5人前の大量の注文でないかどうか、必ず確認しましょう。 95%以上が1人前の大したことない量ですが、たまにとんでもない注文をしてくる客がいます。

書かれている注文の数や内容を見た時点で、これやばいなと悪寒を感じた場合は、熟成案件にして店側に迷惑をかけないよう、早々にキャンセルして他の配達員に配車を回しましょう。

また、自転車に前カゴかキャリアがある場合は、予備の保冷バッグを常備しておくという手もあるので、不安な人はひとつあると配達リスクをかなり軽減できます。

ピック時に店員がBAD評価を付ける可能性がある

運営側は規約として ー と明記しており、純正バッグ以外の保冷バッグを使うこと自体は公式で認めていますが、店側への認知は十分に進んでいないことが見受けられ、ピック時に店員からBAD評価を受ける可能性があります。

ただ、私自身がバッグを変更してから100回以上の配送を完了した段階では、まだこれが原因でBAD評価を実際につけられた経験がありません。

今後仮に、200-300回配達をして1回前後のBAD評価、100評価中1%2%のBAD評価の場合、到着時間や配達時の態度など明らかに過失が無く原因不明のBAD評価をつけられる頻度とあまり変わらないので、警戒すること自体は悪くないと思う一方で、配達員の仕事としては過剰品質ではないかと考えています。

私が稼働中に見る限り、8割9割の人が純正バッグを使っている配達員の為、それ以外のバッグを使っている人をイロモノや異物のような偏見を持つ人、規約違反をしていると誤解する人が一定数現れることは、仕方ないのかもしれません。

他にも、バッグ以外に配達員の態度やピックの品質に店員が不満を感じ、バッグが純正でないことを隠蓑にして低評価を付けてくるということも考えられます。

ちなみに、以前運営側が公式に定めていた評価制度では、優良配達員の基準としてゴールドパートナー(優良配達員)の満足度基準が98%以上で推移していたので、それを脅かすような頻度、例えば200回に1回を超えるほどのペースで理不尽なこちらからのキャンセルをしない限り、運営側の想定する満足度を大きく下回る状況は起こらないと思います。

この辺りの規約は、配達員全体のサービスの品質、本部の方針によって変わる可能性はいくらでも考えられるので、配達員を続ける限りは、常に注意しておく必要があります。

外側の生地は防水加工されてない

最新の第4世代のリュックがある程度の防水仕様なのに対し、このバッグは外装生地の防水加工はされていません。
家で実験的に水滴を垂らしてみましたが


わずか10分前後で、あっという間に水を吸ってしまいました


現在私は雨の日の稼働を極力避けているので 実際にどうなるかという一次情報はありませんが、 Amazonの購入者の底評価をつけた方のレビューを読んでみると

防水性はあるかと思いきや、1日中雨の日にやってたら、中が水浸しになり、縦横の保護板が布の中で崩れ底面付近に塊となってしまい、有名チェーン店のカレーや、お弁当、丼ぶり物の器が水平に入らなくなりました。仕切り板も布の中で崩れたようで、歪んでしまいました。中身はダンボールなのかな…

という声が書いてあったので、強い雨が降っている場合の稼働には向いていないバッグかもしれません。

まとめ

メリット
  • 純正バッグより安い
  • 軽いので疲労が軽減できる
  • 小型で使いやすい
  • UBER臭を軽減できる
デメリット
  • 一部の大型の荷物が入らない
  • 店員からBAD評価を受ける可能性がある
  • 外装が防水仕様の生地ではなく雨に弱い

以上を踏まえて、 ウーバーイーツ代用リュックのCherrboll代用バッグは こんな人にお勧めです。

  • 既に配達員として一定の経験を積んでいる
  • 大型商品の注文をキャンセルする対応・操作を 問題なく自分で行えるという自負がある
  • 専業ではなく、副業として稼働している
  • 長く配達員の仕事をするという気持ちよりも、 配達員を卒業するという気持ちが優っている
  • 郊外に住み、電車で都内に移動して稼働している
  • ウーバー以外の活動に備え、体力を温存したい

値段もそこまで高くないので、興味のある人は 是非一度買って、試験的に試してみてください。 ここまで違うのか…と感動を覚えると思います。
万が一、気に入らなかったらメルカリで売れるので 丸々損にはならないです

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ハイジ/清瀬灰二のアバター ハイジ/清瀬灰二 地元と世界を繋ぐ長男

1986年生まれ。静岡県出身。
新卒入社の大企業→中小企業→個人事業主→破産→日雇いバイト→二度目の起業まで、一通り全部見てきて修羅場を味わった経験を元に、実家暮らし・地域ビジネス・副業・趣味に関する発信を行っています。

横浜DeNAベイスターズ応援歴24年。
最近の推しは遊戯王・進撃の巨人

コメント

コメントする

目次
閉じる