本せどりの教材を買う以前に知るべきこと

本せどりは、有料で売られている教材もありますが、
正直、稼ぐための情報は無料で全て転がっています。

しかし、実際に稼ごうと思った場合は、教材が
無料かよりも、稼ぐために重要なポイントがあります。
その重要なポイントを抑えておかない限り、
絶対に本せどりで稼ぐことはできません。

そして、有料無料を含め、本せどりの教材にも
正しい使い方、読み方というものがあります。

この記事では、そんな本せどりの
教材について解説していきます。

稼いでいる人の仕入れを現場で見る事がすべて

私はこれまで、せどりに関する
無料~数万円程度の教材を買ったことが
せどりで稼げる状態に繋がった経験がありません。

FBAを使ったせどりは35万円のコンサル、
本せどりに関しては、友人の仕入れに同行しただけです。

PDFを読んだり、音声動画を見るだけでは全く不十分。
全て、現場で仕入れる姿を後ろから見て、
同じことを何度も繰り返して覚えただけです。

たったそれだけで、何故稼げるようになるのか?
それは、仕入れの現場に、稼ぐために必要な
無形の情報が、数えきれないほど潜んでいるからです。

・どんな順番で棚を見ているのか
・どんなツールを使っているのか
・サーチは一度に何冊やって、どのタイミングで休憩するのか
・店員さんに注意をされない為に、何に気を付けるのか
・どのくらいの間隔で休憩を入れているのか
・この店舗は駄目だと見切りをつける基準は何なのか
・一棚あたり何冊取れたら成功 OR 失敗なのか
・一店舗あたり何冊取れたら成功 OR 失敗なのか
・同じ店に再訪する頻度はどれくらいなのか
・競合のお客さんが来ている時の立ち回りはどうするか
・店の回るルートはどう設定しているのか

これらを丁寧に言語化してくれる人もいますが、
中には、本人がノウハウだと思っていないけど
教わる側からしたら貴重なノウハウという事もあります。

なので、ネット上で教材としている情報だけでは
全てを網羅しているとは限らないのです。

ですが、仕入れの現場に行って共に仕入れをすれば、
目の前で起こっている事実や行動が、稼ぐための情報の
全てである為、その全てを盗めば必ず稼げるようになります。

無駄なものがひとつも無いんです。

なので、本せどりの教材を買おうかどうか悩んでいる人には、
お金をドブに捨てる前に、真っ先に稼いでいる人の
仕入れツアーや仕入れ同伴に参加することをお勧めします。

本せどりの教材の正しい使い方

じゃあ本せどりの教材を買う/読む意味は本当に無いのか?
というと、そんなことはありません。

一番良い使い方は、
「仕入れ同伴に参加する価値のある、実力のある人間か?」
という選定の基準になるということです。

仕入れツアーは大半が5~10万、
若干高額な人だと15~20万が相場になる為、
博打の感覚でに支払うのは難しい金額です。

この金額の投資が気軽にできないからこそ
本せどりに手を出しているのだから、当然だと思います。

だからこそ、安い教材や無料の教材を通じて、
その人が信用に足るかどうかを判断する材料にして、
学ぶと決めてから、改めて仕入れに同伴してもらうのです。

教材を踏まえ、仕入れに同伴する価値のある指導者

私が思うに、仕入れに同伴する価値のある
指導者の条件は、以下のように考えています。

現役であること

2016年や2017年の過去の実績で飯を食っている人は
現場でせどりをしていません。

そして、ノウハウも市況も常に進化しています。
現役で自分がやって稼いでいる人以外から学んでも
成果を出すには遠回りになると思ってください。

本せどりと〇〇で稼いでいます!とボカしていない人

本せどりが上手くいっていない人だと思ってください。

基本的に、本せどりでガッツリ稼いでいる人は、
他の商売を同じ水準で両立させるのは不可能ですし、
卒業するならスッパリ辞める類の商売です。

本せどりなら最低月収50万円以上稼いでいる人

仮に専業だと、それくらい稼いでいないと、周囲の人から
社会人として世の中の底辺レベルの扱い方をされます。

副業である程度稼いでいる人は優秀ですが、
基本的に専業でガッツリやっている人の方が
腕があるのは間違いありません。

自分だけでなく、教え子が稼いでいる人

教え子の成果が全く記載されていなかったり、
月に5万程度しか稼がせていない場合、
あなたも指導を受けて同水準になる可能性が高いです。

名プレイヤーが指導者として大成するとは限らないように
いかに教え子が結果を出したかは参考になる指標です

無料コンテンツの質が高い人

ネットで一歩外に出れば、本せどりに関する情報を
書いている人はたくさんいますが、無料の情報を見ると
発信者の力量が如実に表れてきます。

無料情報の質が低い人は、有料情報も、
仕入れツアーや同伴の質も、期待することはできません。

金を払ったら誰でも参加させるスタンスではない人

理由は、依存体質のノウハウコレクターや
雑魚い人も参加できてしまうと、周囲の方々や
指導者自身のモチベーションも下がってしまうから。

正直、私も、こんな人を相手にするなら
この程度でいいかなと思ってしまったり、
そもそもコンサルをやりたいと思わなくなります。

同じような理由から、現役で結果を出している人ほど、
ツアーやコンサルというもの自体をやりたがらないので、
実力者に会ったら、頭を下げて直訴するのが一番お勧めです。

現状で稼ぎに天井がある状況で、資本を集めて
より良い状況で商売をしようという人は習う価値がありますが、
単に稼げていないとか、本せどり自体が面倒だから
教えて稼ごうという動機の人には、習う価値がありません。

まとめ

本せどりの中にも、ベストセラーや鉄板と言われるものが
ひとつふたつありますが、それらも結局はノウハウです。

いざ、せどりの現場に立たされた時、何をどの順番で
どのくらいやれば稼げるのか?ということは、
稼いでいる人と仕入れに行かない限り、絶対に分かりません。

もしくは、自学自習とその反省作業の繰り返しに
相当な時間を持っていかれます。

だったら、現場で生の情報から学んで、
最短最速で同じ場所に行きませんか?

本せどりの教材や無料情報は、その情報の信頼できる
ソース元を辿るための、参考になる道しるべになります。