実家の掃除業者のお勧めはどこか?

実家の相続や遺品整理に伴い、
両親が亡くなった後や、亡くなる前の
生前整理目的で、掃除を代行する業者があります。

特に、最近は生きている間に荷物を整理して
残された家族に負担をかけないようにする動きが
増えており、掃除の業者や広告も増えています。

実家の掃除は業者に頼んだ方がいいのか?

実家の掃除を業者に頼むのは、現在では一般的で、
背景としては、息子夫婦が同居する世帯が減ったことで
親夫婦が掃除をする体力が足りないケースが
ひと昔前よりも増えていることです。

また、近い将来、相続を控えることを考えた場合、
生きている内に必要なものと不必要なものに
分けておいた方が、相続の際に遺族の手間が減り、
本人がそれを生きている間に判断する負荷も
楽になります。

特に遺品整理の場合、遺言状に沿って間違い無いよう
進めなければいけない点や、勝手に独自で進めると
後で親族との遺産協議の際に揉めるケースもあるので
余裕があれば、第三者の業者に頼みたいところです。

業者が行ってくれる主な仕事内容は

・大型家具の撤去
・キッチン、バス、洗面所などの特殊清掃
・通常のハウスクリーニング
・排水管などの水道管の清掃

ですが、結局は代行業なので、
体力や力があり、スキルがあるならば
業者に頼む必要は必ずしもありません。

しかし当然ながら、プロの業者に頼むと
日々大量の仕事をしている中で、段取りも注意点も
全て熟知している為、進むスピードが段違いです。

掃除をする人手やスキルが揃っていても
体力と時間を投じる費用対効果が見合わない場合や
少しでも家事をする時間を捻出したいという場合は
業者に積極的に依頼をすることをお勧めします。

あとは、リフォーム会社に依頼する仕事の中にも、
掃除や大型荷物の移動は専門外だということで
部分的に委託業者に仕事が振られる事があります。

大半の業者は、事前見積もりや
現場の下見サービスを行っていますので、
まずはネットや電話から、気軽に問い合わせましょう。

実家の掃除を業者に頼む時にかかる費用

実家の掃除を業者に頼む時にかかる費用は、
大きく分けて、2つの考え方があります。

時給換算

ハウスクリーニングの場合、運ぶ荷物よりも
技術料として、稼働した時間に対して
時給換算で費用がかかる形になります。

特に都心部は業界が成熟し、業者が乱立していますが、
一番安い価格帯だと時給1000-2000円、特殊清掃も行う
ハイエンド業者は時給3000-5000円になります。

撤去する荷物換算

家電や衣類・大量のごみなどを撤去する仕事は、
稼働時間に関係無く、運び出す荷物の量に比例して
費用がかかります。

おおよその相場としては、
軽トラック1台の場合は3~4万円、
大型2tトラック1台の場合は5~8万円です。

一般的な1部屋(6~8畳)の場合、
床一杯の荷物を撤去する場合は前者、
天井まで一杯分の荷物の場合は後者が
ちょうど良い容量の発注になります。

例えば、3LDKのマンションに家族で住んでいて
床一杯の荷物を撤去しようとした場合は、
12~16万円ほどかかることが見込まれます。

料金の考え方は、ゴミの量やトラックのサイズ以外に
作業人員の人数、営業所から発注先の住所までの
移動距離を加味するところもあるので、
作業を依頼する前に、必ず確認をしましょう。

実家の掃除を頼む業者の選び方

業者の選び方を決める際のポイントは、以下のような観点です。

価格が安いか

ただ、あまりにも安すぎる場合は注意です。
オプションとして追加の請求があったり、
商売が下手で買取の相場カツカツの状態で
無理して頑張っている可能性もあります

不用品の回収だけでなく、買取も行っているか

数年前に買った家電などに関しては、
積極的に有料で買い取る業者も存在します

丁寧且つスピーディーな対応か

メールや電話のレスポンスの速さは、
そのまま仕事の質や信頼性に直結します。
ホームページに、最近の施工事例や受けた仕事の
事例などが随時アップされてると良いです

古物商/産業廃棄物収集運搬許可を取得しているか

まともな業者は、この免許を取得して、HPなどに
必ず許可証番号を提示する義務があります。
そうでない場合は、厳密には違法で、グレーゾーンの業者です

口コミ、評判が良いか

地方だとGoogle先生経由の評価くらいしか
ついていない店も多く、口コミは貴重な意見です

サービス内容が充実しているか

ちなみに、掃除業者の中には、
家具やゴミの撤去だけを専門に行う会社と
撤去後にクリーニングまで行ってくれる会社の
両方があります。

その為、同じ費用であれば、
どこまでのサービスを行ってくれるのか、
掃除や清掃のオプションがあるのかどうかを
確認するようにしてください。