町内会の入会金の相場とは?払う必要はあるのか?

町内会は、毎月の運営費を住民から集めることで
成り立っているところが多いですが、それ以外にも、
引っ越してきて加入する際に「入会金」を払う所があります。

入会金の有無や金額は町内会によって様々ですが、
中には30万40万もの高額な費用を要求し、
それに反対する裁判が行われた事例もあるほどです。

一体、他の町内会の入会金はいくらなのか?
そもそも、入会金を支払う必要はあるのか?

相場となるデータや統計は非常に少ない為、
ご存じでない住民の方も少なくありません。

この記事では、そんな町内会の
入会金について解説していきます。

町内会の入会金の相場

町内会の入会金は、住んでいる場所によって異なり、
数千円のところもあれば、1万円前後のところもあります。

高齢者になるほど支払いはきつくなる傾向にあり、
月に数千円でも加入しない世帯はあります。

そして、転入してきた若い世代の中には、
会費に関係なく、単純に関わるのが面倒という理由で
町内会に入らない世帯も多くなっています。

また、人口100万単位の政令指定都市でも
年間で1万円程度の会費であることが多く、
どちらかというと、世帯数や住民が多い都市部よりも
人数が少ない田舎の方が、会費が高い町内会が多いです。

入会金だけで万単位のお金を吹っかけられるのは、
町内会からカモにされている可能性もあります。

何故こんなにかかるのか、使われ方を
町内会に入ろうとしている者として、年間を通じて
どのような活動をしているのか、説明を受けましょう。

あまりにも金額や内容が不透明・理不尽な場合は、
町内会への加入を保留したり、行政の窓口や
弁護士に相談することも検討の余地があります。

裁判まで起こすに至った事例は少ないですが、
最高裁で高額な入会金が違法とされた判決もあります。

町内会の入会金は、払う必要があるのか?

金額の妥当性があるかの確認をする

ここでは、支払いを渋りたくなる金額ということから、
数千円~1万円以上の高額の請求をされていると仮定します。

町内会は、活動の盛んなところもあれば、
実質的にほぼ活動をしていないところもあり、
入会金もそれに伴って大きく変わってきます。

よく聞かれる集金理由としては、町内会の集会所の
建設/改築費用に充てる、運動会などの行事の為に
通常の会費以外の収入を充てる、という流れです。

そういう地域に関しては、入会金が高額だったとしても
よくよく聞いてみると、相応の理由があります。

特に、大規模な地方の伝統の祭りを
主催している町内会ほど、持ち出しが多くなり、
出資を募る声が多くなると聞いています。

しかし、本当にこちらの意図している内容に
使われているかというのは、疑問が残ります。

また、赤い羽根募金や神社に関する費用は
本来は寄付金や宗教に関する人のみが負担する金で、
町内会の入会金や会費を充てる対象ではありません。

規約や会計報告書などが確認できる場合は、
お金がどのように使われているのか確認しましょう。
用途や使われ方の鍵を握るのは、会則(規約)です。

ただ、引っ越してきて間もない場合、
いきなり内部資料を見せろというのは
生意気に思われても無理はありませんので、

「通常の月会費はあるんですか?」
「入会金は他の人からも徴収しているんでしょうか?」
「では、どのような用途に使われるんでしょうか?」

などのように、口頭で探れる範囲で
質問をしてみることをお勧めします。

まとめ

町内会の入会金や会費が高いこと、用途が不明なことを理由に
町内会に入らない人はいますが、周りの住民の方からは
あまりよく見てはもらえません。

掃除をしない公園で子どもやペットを遊ばせていたり、
町内会で運営しているゴミ捨て場を勝手に利用したりするのは
タダ乗りをしていると思われても仕方ありませんので。

ちなみに、私の現在住んでいる地区の町内会では、
入会金というもの自体を取られた記憶がありません。
月の会費も700円程度です。

入会金に対して具体的に何かアクションを起こしたり
用途を確認したりするのは、高額な請求が来た時だと思いますが、
他の住民や役員さんと、その後も良好な関係を築けるよう、
交渉の仕方には、細心の注意を払うことをお勧めします。