本せどりは月収でどのくらい稼げるのか?

私が本せどりを二年半やってきて、
1ヶ月あたり最も利益を稼げたのは48万円です。

今やったらどうなんだろう?
一年以上前の数字なので、当時よりは
腕は上がっていると思いますが、

正直、今は本せどりでいくら稼いでも
意味を感じなくなった為、ブログを初め、
完全に他のビジネスに注力しています。

しかし、今何もない状態でゼロから始める場合、
最短で簡単に稼げる商売なのは恐らく現時点でも
間違いない為、月収でいくら稼げるのかは
当然気になるものだと思います。

この記事では、そんな本せどりで稼げる
月収の金額について解説していきます。

本せどりは月収いくら稼げるのか?

本せどりの月収は、私の知る限り、
個人事業では月収50-60万円が限界だと思います。

実際に今も、この手法を教えてくれた師匠と
連絡を取り合っていますが、彼は実の兄に
商売を丸ごと委譲し、月50-60万の金額を
週一の仕入れで稼いでいるとのことです。

それ以上を目指すのであれば、外注化か
扱う商材の変更のいずれかが必ず必要になります。

一時期、古紙回収業者に電話営業をかけて
業者に仕入れに行く手法というのが話題になりましたが、
実際にその方法で儲けている人には、会った事がありません。

ちなみに、副業の場合であれば、本業やプライベートに
差し支えない程度で、月5万でも10万でも
稼いでいる人はたくさんいます。

本せどりで本当にその人が稼いでいるかの判断基準

インターネット上で、本せどりで稼いでいると
豪語している人はたくさんいますが、私も経験上、
発信する側の人達の気持ちはある程度分かります。

なので、文章を読んでいると、以下のような
信用できるか否かのポイントがあると感じています。

現役であること

私は本せどりを退いてから既に2カ月が経っていますが、
やはり、現在進行形で本せどりをしながら情報発信をする人は
言葉の重みも説得力も違います。

私も、今まで学んできた経験から話せることは
全て吐き出し、本せどりが人生のスタンスに合わない人を
早々に方向転換させる目的でブログの執筆をしていますが、

「本せどりで結果を出したい」
「この方法でとにかく金を稼ぎたい」
という点にフルコミットしている人に本当に必要な情報は

「今この瞬間も、本せどりをやっている人」
これ以上に相応しい人はいません。

できれば情報発信すらやっていないガチ勢の人に
頭を下げて弟子入りするのが一番早いのですが、
そういう環境は誰にでもある訳ではない為、
まずはネット経由で探すことになります。

実績を公開している人

現役かどうかは、実績の見せ方で分かります。

この原稿を最初に書いているのは2019年1月ですが、
2018年12月の仕入れ金額や売上を正確に書いている人は
信用できる材料の数字だと思って良いと思います。

キャプチャーなんかもあるといいですね。

ただ、厳密に言えばこの辺の数字も
いくらでも誤魔化せるので、あくまでも参考材料です。

それから、
・実績の数字が単月の数字だけ
・最後に実績を公開したのが、一年以上前
という人からは、学ばない方がいいです。

理由は色々ありますが、

・年末で一番ものが売れる時期の実績だったので
 他の月では同じ売上や利益が続いていない
・実績を元にコンサル生の指導を始め、
 そこに時間を取られたり、売上が立ち初めて
 本せどり自体をしなくなってしまっている

というケースが多いです。

なので、実績を公開しているかという点に加え、
「現在まで、継続的に稼ぎ続けている人なのか」
という点も見ておくことをお勧めします。

個人的には、元々本せどり以外のジャンルで
月収100万円すら稼げていない段階で
人に指導をしている人は全員偽物だと考えているので、

本せどりの実績で人様に何かを教えるという時点で
そもそも指導者としての資質に疑問を感じています。

小銭稼ぎで満足せず、上のステージを目指しましょう。

教え子を稼がせていること

自分で稼ぐのは誰でもできます。

人を稼がせるのは、その何倍も大変です。

・言う事を聞かせることができない
・教えたことを理解してもらえない
・モチベーションが沸かせられない

これら全部含めて、指導者の責任です。
プレイヤーとして優秀でも、人としての器が
伴っていたり、指導力があるとは限りません。

人を育てる、指導をするというのは本当に大変です。

人から何かを教わる、教材を買うなり
コミュニティに入るなりしてサポートを受けるのは
信用を担保にした、博打であるとも思います。

だからこそ、自分が稼いだ実績だけでなく、
教え子を稼がせた実績があるかどうかは
非常に重要な指標になります。

本せどりは月収いくら稼げばいいのか?

副業の場合は、その人がかけられる時間や
ビジネスのスタンスによるので、金額は問いません。
副業で20万30万稼ぐようなら、家計はかなり楽になります。

専業でやる場合は、やはり最低でも
月収50万は稼がないと話になりません。

というのも、会社員の場合、給料の手取りは
税金が全て引かれ、年金負担も半分は会社、
更に会社の福利厚生や社会的信用などもあります。

そして何より、来年や再来年にその仕事が
稼ぎ続けていられる保証はありません。

だから、フリーランスや起業家になる場合、
少なくとも会社員時代の給料の最低2倍や3倍は
稼げないと、全く割に合いません。

本せどりをやろうとしている場合、
本せどりだけに専念するにしろ、
他の商売を挟んだり、ステップアップの土台にするにしろ、
そこまでは必ず到達するつもりで臨んでください。

そこまではしんどいと思うなら、副業で十分です。
余計なプレッシャーを自分にかける必要はありません。
月に5万を稼げるだけでも、生活水準は圧倒的に向上します。

まとめ

本せどりの月収に関しては、唯一の考え方はありません。

ただ、私の仲間やネット上の界隈の声を聞く限り、
月収が頭打ちになる天井はある世界であり、
これからも環境は徐々に厳しくなっていくと思います。

自分がいくら稼ぎたいのか、
今の収入や使える時間、生活水準を
どのように変えていきたいのか、しっかり考え、
自分が目指す月収を、本せどりで挙げていきましょう。